迷いインコ、列車の旅。神戸県警が一時保護中。

神戸市中央区の神戸県警葺合署が迷子のセキセイインコを”一時保護”していると神戸新聞で報じられています。

迷いインコが列車の旅 JR姫路-三ノ宮間

こちらの迷いインコは5月6日の午後3時40分ごろに姫路駅で停車していた新快速に乗車。
乗客の女性に発見され、約60kmを旅したのち三ノ宮駅で駅員に渡されたとのこと。
体長は20センチで青と黄体毛がとても可愛らしい手乗りのセキセイインコさんです。

法律上は拾得物となるインコですが、同署員がかいがいしく世話をしています。
保管期間は8月6日までですので、お心当たりのある方はお早めにお問合せください。


インコが脱走した場合、風に乗ると数kmは普通に飛んでいってしまいます。
ひなたぼっこの際はカゴの傍を離れない、放鳥の際は窓閉めを徹底するなど細心の注意を払いたいところです。
これからは特に窓を開けることも多くなるかと思います。
放鳥の際はお気をつけください。

※今回、情報拡散の意を込めて神戸新聞のサイトより写真を転載しております

関連記事

  1. 長野市が犬の散歩ができる公園を増やす方針。飼い主のマナー向上の講習会も企画

  2. ペットの治療費総額「5万円以下」が最多。ペット飼育禁止マンションは全体の「2.1%」に

  3. 岐阜県にて「地域猫」活動が開始。環境省が指定したモデル事業。