愛犬と海水浴をする為のマニュアル!注意する点や持ち物はコレだ!


本格的に暑くなってきていますが、愛犬家の皆様はいかがお過ごしでしょうか。
家でゆっくりするのもいいですが、暑い日ならではのアクティビティを愛犬と共にしてみませんか。
今日は、愛犬と共に海水浴に行くときに持っていくべき物や、注意する点をご紹介していきます。これを読めば、愛犬と楽しく海水浴できること間違いなし?!

①まずは海水浴場を下調べ


海水浴に行くときには、急に行くのではなく、あらかじめ犬の入場が許可されている海水浴場を探しておきましょう。
愛犬と共に行ける海水浴場が増えたとはいえ、まだ許可されていない場所の方が多いです。
また、利用するときは犬が入れるエリア等、その海水浴場についてのリサーチを行っておきましょう。

②愛犬との海水浴場で準備するもの

愛犬と共に海水浴場に行くときに準備するものは以下が推奨されます。

愛犬との海水浴場で準備①:リード

いくら泳ぎなれている犬でも、溺れる事はもちろんあります。
また、犬が許可されている海水浴場とはいえ、一般の方々も一緒に入る場所です。
公共の場ですので、必ずリードは着用しましょう。
ロングリードですと、思いっきり遊べるのでオススメです。

愛犬との海水浴場で準備②:ライフジャケット

上記でも書きましたが、いくら泳ぎに慣れていてもライフジャケットは着用しましょう。
愛犬にとっては勿論、飼い主側も着けていることで安心して一緒に行動できます。

夏の暑い時期ですので、飲用水は持参していきましょう。
また、海水浴後には身体を洗うと思いますが、海水浴場の入場は可能でもシャワーは許可されていない場合があります。
キチンと愛犬を洗う為のお水も持っていきましょう。

③愛犬との海水浴場で注意するべき点


海水浴は楽しいですが、犬にとっては危険も多い場所です。以下の点には十分注意しておきましょう。

愛犬との海水浴場で注意するべき点①:ゴミ

砂浜に落ちているゴミは、誤飲してしまうことがあるのは勿論、靴を履いていない犬にとっては危険なものが沢山。飼い主側で注意してあげることが必要です。

愛犬との海水浴場で注意するべき点②:肉球の火傷

夏のアスファルトや砂浜は思っている以上に熱いです。
その為、愛犬の肉球に火傷をさせてしまうこともあります。犬用の靴を履かせたり、飼い主が抱っこしてあげる等、対策はしっかり行いましょう。

愛犬との海水浴場で注意するべき点③:熱中症

人間も注意するべき症状ですが、犬にとっても例外ではありません。
こまめに水分補給をしてあげましょう。

愛犬との海水浴場で注意するべき点④:海水

あまりに海水を飲みすぎると下痢の原因や、胃に炎症を起こしたりします。
キチンと水分補給をし、遊んでいる時にも注意深く見てあげましょう。

まとめ

まとめますと危険も多い海水浴ですが、十分な準備や海水浴時に注意をしていけば楽しく遊べるのです!
愛犬と共に、普段とは一味違った体験を楽しむ為に上記の点を確認して行きましょう!

コメント

メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA