獣医さんが小ダヌキと過ごした1年半のお話「すくすく育て!小ダヌキポンタ」が発売

ある日、ある動物病院に連れてこられたのは可愛い子犬…じゃなくて小ダヌキでした。

今回は2017年11月24日に発売された児童書「すくすく育て!小ダヌキポンタ」をご紹介いたします。

子犬と間違えて動物病院に運び込まれた小ダヌキ。
「このままでは死んでしまう」と判断した獣医さんは小ダヌキを保護することに。
「無事に里山に返せるだろうか?」など様々な事を悩みながらも獣医さんは小ダヌキと生活を送ります。
獣医さんと小ダヌキが過ごした1年半の実話です。

本書はA5、96P、オールカラーで貴重なタヌキの写真を掲載。
タヌキと犬の違いなど、野生動物についてのコラムもついていて、野生動物や獣医さんのお仕事への理解が深まる一冊です。

「すくすく育て!小ダヌキ ポンタ 小さな命が教えてくれたこと」は定価1,400円+税で書店やAmazonなどのオンラインショップで発売中。
対象年齢は小2・3〜となっておりますが、タヌキや野生動物にご興味をお持ちの方は手にとってみてはいかがでしょうか?

  • コメント: 0

関連記事

  1. メタボ犬用のドッグフードが発売。レモン効果で臭いの軽減効果も。

  2. 大型インコの「ヨウム」が国内取引規制に。乱獲による数の急減が原因

  3. 愛犬の健康、もう一度考えてみませんか?犬の死亡原因1位のがん検査サービスが開始。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA