3人に2人がペットと一緒に寝たことがある。アイペット損保の調査

アイペット損害保険株式会社は犬、猫の飼い主870名を対象にペットと睡眠に関するアンケートを実施。その調査結果を発表しました。

今回はアイペット損害保険株式会社のペットと睡眠に関するアンケートの結果をご紹介します。

ペットと一緒に寝た事がある人は全体の66.9%

「ペットと一緒に寝た事がありますか?」という質問に対して「いつも一緒に寝る」「時々一緒に寝る」「稀に一緒に寝る」と答えた人は全体の66.9%に及びました。

「いつも一緒に寝る」という人は全体の32.8%という事で「ペットは家族」という思いの強さが伺えます。

ペットが寝る位置は「足元」が最多の54.3%

ペットと一緒に寝た事がある人に対して「ペットはどのあたりで寝てますか?」という質問をしたところ、54.3%が「足元」と回答しました。

他の選択肢でも「お腹のあたり」が43.0%、「枕元」が39.0%となっております。
どの選択肢でもペットがすぐ近くに居るので、寝返りをうつのに細心の注意を払う必要がありそうです。

ペットと一緒に寝ない理由は「衛生面」が最多。次いで「ペットが寄ってこない」

ペットと一緒に寝ない理由としては「毛が抜けて衣類や寝具につくのがイヤだから」や「ダニとかが心配だから」といった「衛生面」の理由が最多の31.9%。
その次に「寝る時にペットが寄ってこない」とうのが17.9%となっております。


以上、アイペット損害保険株式会社が発表した「ペットとの睡眠に関する調査」の結果紹介でした。

この他にも「ペットと一緒に寝る時に気をつけていること」などの回答の割合はアイペット損害保険株式会社のプレスリリースをご確認ください。

こちらの関連記事もどうぞ


スポンサーリンク

コメント

メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA