長野市が犬の散歩ができる公園を増やす方針。飼い主のマナー向上の講習会も企画

長野県長野市にて犬の散歩ができる公園を増やす方針が固まったと報道されています。
現在はペットの立ち入りが認められているのは4公園のみですが、今後犀川の南北に2公園程度増やす予定です。

犬の散歩ができる公園「増やすべきだ」が「現状のままでよい」を上回る

2016年度に行ったまちづくりアンケートの結果、犬の散歩ができる公園について「増やすべきだ」と答えた人が38.5%となり、「現状のままでよい」を初めて上回りました。

飼い主のマナーについては「良い」「どちらかといえば良い」が48.3%ですが、「悪い」「どちらかといえば悪い」も26.4%ということで、公園内でしつけなどの講習会を企画して飼い主のマナー向上も図っていくようです。
しかしながら、11年度は否定的な意見が5割を越えていた状況から考えると飼い主のマナーがかなり改善されている事が伺えます。

犬を飼っていない人にも配慮

犬の散歩ができる公園を増やす際には犬を飼っていない人にも配慮して公園内を「散歩できる区域」と「散歩できない区域」に分けるそうです。
ペットが苦手な人への配慮も伺えます。

今後はドッグランも増えるかも

2017年度にドッグランを1公園に試験的に設ける予定とのことで、利用者のマナー次第では今後も増えていく可能性があります。

情報元

犬の散歩できる公園、増加へ 飼い主マナー向上にも力 長野市-信毎web(掲載期間終了)


同様の取り組みをしている自治体は全国各地にもありますが、新しくこういった取り組みを始める自治体が増えるのは嬉しいことですね。

こちらの関連記事もどうぞ


スポンサーリンク

コメント

メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA