犬もストレスで若白髪が生える?アメリカの研究結果

CNNのサイトに興味深い記事が載っています。
なんと、人間同様にワンちゃんもストレスによって若白髪が発生するというのです。

400匹のワンちゃんを対象に調査

犬の訓練施設を運営するカミーユ・キング氏は感情の起伏が激しいワンちゃんほど若いうちから白い被毛…つまり、若白髪が多いという事に気づきました。
この気付きをコロラド州立大学教授のグランディン氏に伝えたところ、研究が始まりました。

その後、4歳以下のワンちゃん400匹を対象に「若白髪」の状況を調査しました。
ちなみに、一般的には4歳以下のワンちゃんに若白髪は見られないそうです。

調査対象のワンちゃんの写真を撮り、飼い主には調査目的を告げないまま21項目のアンケートに回答していただくという形で調査をしました。

アンケートの回答内容によってワンちゃんの不安感や衝動性の強さを調べたそうです。

不安感や衝動性が強いワンちゃんの40%~65%に若白髪が多くなる


調査の結果、留守番が苦手だったり大勢の犬が居ると身をすくめてしまうような不安感の表れが多いワンちゃんや、散歩中にリードを過度に引っ張ったり、人に出会うとすぐ飛びつくような衝動性が強いワンちゃんほど鼻の周りの白髪が多かったそうです。


ワンちゃんの若白髪が気になる方はワンちゃんにいかにストレスを感じさせないかを心がけてみると良いかもしれません。

なお、老化による白髪は自然現象ですが、肉類や魚類や乳製品に含まれるチロシンという栄養素を摂取すると白髪対策に良いとされています。ご参考にしてください。

情報元

犬もストレスで若白髪?、感情の起伏の激しさに注意 米研究-CNN

こちらの関連記事もどうぞ


スポンサーリンク

コメント

メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA