廃棄する魚を犬猫用のペットフードに。兵庫県の企業

水産加工会社の武田食品冷凍が規格外等の理由で廃棄処分されてきた魚をペットフードとして活用する事業を行っているとの記事が神戸新聞NEXTに掲載されています。

武田食品冷凍が販売しているペットフードでは、従来ならば商品にならないサメとエイをお肉、骨等に分けジャーキーや煮こごりに加工しています。

サメやエイから作られた商品にはDHA、EPAといった魚に多く含まれている栄養素を接種でき、人間向け健康食品でもよく宣伝されているグルコサミン、コンドロイチンが含まれています。

加工に使われているサメとエイは淡路島近海で獲られた国産魚。
更に添加物を使用していないので安心してワンちゃんや猫ちゃんに与えられます。

価格はスティック、ジャーキーが580円から、煮こごりが380円からとなっています。
商品は公式サイトのbau-bauにて販売中。

一風変わったおやつをお探しの方は一度ご覧になられてみてはいかがでしょうか?
なお、ご購入の際は公式サイトに掲載されている「ご注意いただきたいこと」の欄をよくお読みになってからご購入ください。

情報元

廃棄する魚をペットフードに 洲本の企業が開発-神戸新聞NEXT

bau-bau(公式サイト)

※アイキャッチ画像は公式サイトより引用(サメ軟骨)


天然資源の有効活用と、漁業の新しい収入源として注目です。

こちらの関連記事もどうぞ


スポンサーリンク

コメント

メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA