北九州市に夜間救急動物病院が開設

北九州市獣医師会は6月3日より、北九州市八幡東区に北九州夜間救急動物病院を開設。6月25日には同市と協定を結び、市内で夜間に保護された動物の治療にも対応するとのことです。

同院の診療時間は午後9時~午前0時までとなっており「かかりつけ医の診療時間外の急変時に動物診療を行う病院」となっています。また、診療も仮診療に基づく救急処置なので、同院で診療を受けたあと速やかにかかりつけ医を受診する必要があります。

当面は同獣医師会の会員の獣医師らがローテーションで対応。いずれは夜間病院常勤の獣医師を確保したいとのことで、同獣医師会のサイトにて獣医師と動物看護師を募集しています。

同院にはX線室などの設備も有り、緊急時の手術にも対応可能。主に犬、猫、ウサギの診療を想定しています。

実際に診療を受ける際は事前に同院に電話し、下記のリストに記載されているモノを持っていきます。

  1. かかりつけ医の診察券
  2. 服用中の薬
  3. 血液検査などの検査データ
  4. クレジットカード

いずれのモノも「手元にあれば」持参してほしいとのこと。ただし、クレジットカードについては診療代は診療終了後の一括精算、クレジットカードでの支払いを原則としているとのことなので必須となります。なお、診察料金については一例が公式サイトに記載されていますが、最低でも30,000円以上かかると見込んだほうが良さそうです。

情報元

夜間救急動物病院オープン 北九州市獣医師会八幡東の会館内に-アピタル

北九州夜間救急動物病院のお知らせ-公益社団法人 北九州獣医師会

こちらの関連記事もどうぞ


スポンサーリンク

コメント

メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA