ライオンズマンションの大京が「猫を飼っている方向け」のリフォーム事業を展開中

ライオンズマンションでお馴染みの大京が「猫を飼う人」を対象としたリフォーム事業を始めると2016年7月に発表しております。
その具体的な内容についてご紹介いたします。

リフォームの内容

情報元記事では「猫を飼う人を対象に」としていますが、リフォーム事業を行っている「大京リフォーム・デザイン」のサイトを見てみると下記のような、犬猫問わずペットを飼う人のならではの悩み事を解決するための商品を提案しています

  • ペットの臭いが気になる
  • よくフローリングで滑ったり、転んだりしている
  • 壁で猫が爪とぎをしてキズだらけになっている

上記の悩みに対して、下記のような提案が掲載されています

  • ペット向け天井材
  • ナノイー発生機
  • ペットフローリング
  • 壁面強化シート

公式サイトには具体的な価格も掲載されています。

その他の情報

公式サイトにはお悩み解決の提案以外にも下記のような情報も掲載されています

  • 部屋の中にある「ペットにとって危険な事柄」
  • ペットのためのリフォーム事例

ご興味のある方は一度「大京リフォーム・デザイン」のサイトをご覧になってみてはいかがでしょうか?

実物を見て、触ってみたい方は…

お台場にあるペットプラス アクアシティお台場CatPlusでは、実際に大京リフォーム・デザインが提案している猫に対応した床材や壁材を使用しているとの事で、提案商品を自分の目で見て、触って確認できるようになっています。

情報元

猫飼う人対象のリフォーム事業 大京、引っかき傷に強い床・壁-日本経済新聞

大京リフォーム・デザイン


自宅がフローリングで、飼っているペットが遺伝的に股関節が弱かったりすると将来股関節が脱臼しやすくなったりします。

このような場合は、リフォームをしたり、ペットが走り回る場所にコルクマットを敷いたりするとすべり止めになってペットの足腰に負担がかかりにくくなります。

ちなみに毛足の長い絨毯だと編み目に爪が引っかかったりして思わぬ骨折の原因になることもあります。

環境を整えるのと同時に、ペットの爪のお手入れも心がけてペットも飼い主も快適な生活を送りたいですね。

こちらの関連記事もどうぞ


スポンサーリンク

コメント

メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA