ペットと暮らすならこんな設備があると嬉しい!不動産オーナーさん向け情報

今回はペットオーナーさんが「ペットと暮らせる物件についてたら嬉しいなぁ」と感じる設備、内装についての紹介です。

どんな建物でも「あると嬉しい」設備

足洗い用の水場

faucet1

散歩から帰ったとき、自宅に上がる前にワンちゃんの足をキレイにしたいものです。特に大型犬や中型犬を飼っている方に喜ばれます。

バリアフリー

futta1083m

人間同様、ワンちゃんも高齢化してくると段差の昇り降りが負担になってくるため、バリアフリー化してあるとワンちゃんへの心配りが感じられます。

マンションに「あると嬉しい」設備、内装

床が滑りにくい材質(ラバータイル、リノリウムなど)

tile-273394_640

滑りやすい床はワンちゃんの足腰の負担になります。犬種によっては股関節の病気にかかったりするため、滑りにくい材質で共用部分や室内の床が構成されているとペットオーナーさんに喜ばれます。

また、防滑ビニルの床やリノリウムの床ですと粗相をした際の清掃が非常に簡便で部屋が汚れにくい、汚れてもすぐキレイにできるというメリットがあります。

入口(玄関)が2つある

futta1449m

マンションの入口が「ペット連れ用」と「人間用」の2つに分かれていると、動物が苦手な人とペットが遭遇する可能性が低くなるためペットオーナーさん、ペットを飼ってない住民の双方にメリットがあります。

ペットを飼っている世帯と飼っていない世帯で居住フロアが分かれている

floor-212748_640

これもペット連れ用入口同様、動物が苦手な人に対する配慮になります。また、ペットを飼っている世帯専用のフロアにのみ騒音対策を施すことでペットに関するトラブルを減らすことができます。


いかがでしたでしょうか?ペット可の物件をペットオーナーさんに紹介する際、上記のポイントを押さえて紹介するとペットオーナーさんに喜ばれるかもしれません。参考にしてみてください。

こちらの関連記事もどうぞ


スポンサーリンク

コメント

メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA