愛犬の健康、もう一度考えてみませんか?犬の死亡原因1位のがん検査サービスが開始。

株式会社CARE PETS(ケアペッツ)株式会社メタボスクリーンと提携し、ワンちゃんの尿による、ガン検査サービス「キュワチェック」を開始したと発表しました。
「ワンちゃんの”おしっこ”を郵送するだけ」というお手軽さで動物病院に行かなくてもガン検査ができます。

ワンちゃんのガン検査の方法

現在のワンちゃんのガン・腫瘍の検査方法としては主に下記のものがあります。

  • 身体検査(触診、聴診、視診)
    体の表面にガンがある場合、身体検査でも発見することができます
  • バイオプシー検査/生体検査
    注射を用いて腫瘍の細胞を採取して検査する方法です。
    腫瘍が悪性か良性も判断できます。
  • 血液検査
    血液中の赤血球、白血球、血小板等の増減を検査してガンの有無を判断します
  • MRI検査
    ワンちゃんに全身麻酔をかけて体を構成している分子の信号を検査します。
    大学病院などの大きめの病院にしか機械が無いため実際に検査に行くとなると、ワンちゃんと飼い主さんの双方に大きな負担がかかります。
    検査時の全身麻酔もワンちゃんにとって大きなリスクとなります。
  • CRT検査
    360度の方向からX線による撮影を行います。
    MRI検査同様、機械が大きめの病院にしかなく、全身麻酔が必要となります。

参考

ガンの検査方法-犬のガン.com
子犬のへや-犬のガンについて

上記のいずれの方法も具体的に症状が出てきたり、”しこり”が触って判るような状態になってからの検査となるため、早期発見が困難となっています。

キュワチェックのガン検査の仕組み

キュワチェックではおしっこからガン検査します。なぜでしょうか?

実は、ワンちゃんはガンになるとおしっこに「アセスミン」という物質が混じります。
キュワチェックでは「アセスミン」の量を検査することでガンのチェックをします。

キュワチェックでガン検査

キュワチェックは検査キットを購入すれば自宅で手軽に検査を始められます。
具体的な検査の流れは下記の通り。

  1. 公式サイトか電話で検査キットの購入を申し込む
  2. 指定された銀行口座に費用を振り込む(支払い方法は銀行振込のみ)
  3. 検査キットが届いたらワンちゃんの尿を採取する(10ml程度。シートにしたのを絞って採取してもOK)
  4. ワンちゃんの尿を返送する
  5. 2週間程度で書面の検査結果が届く

費用は検査キット、検査費用、往復送料込みで15,120円(税込)となっています。
検査結果は通常であれば2週間程度、混み合っている場合は2週間以上かかる場合もあるとのことです。

ガン以外の検査にも

キュワチェックはガン以外にも下記のような検査をする事ができます。

  • 尿石症
  • ストレス度

過去にワンちゃんが尿路結石にかかった事があったり、ストレスの度合いが気になる方にもオススメです。

情報元

愛犬のための「尿を郵送するだけの簡単ながん検査サービス」を開始-ペット産業・市場ニュース
Care Pets
Pee Check!


検査のために動物病院に行く必要が無いため、動物病院が遠い方や時間の無い方にはうってつけのサービスです。

ちなみに提携している株式会社メタボスクリーンは以前から、キュワチェック同様におしっこでガン検査ができる「Pee Check!」を提供しています。
Pee Check!」ではガン検査無しで尿石症、ストレスの検査ができるバージョンも提供されています。
興味が湧いた方は合わせてご覧ください。

この機会にペットの健康を今一度考えてみてはいかがでしょうか?

こちらの関連記事もどうぞ


スポンサーリンク

コメント

メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA